千葉大学 大学院融合理工学府 数学情報科学専攻

情報科学コース

コース概要

 情報技術(Information Technology:IT) は、インターネット情報通信網、スマートグリッドなど、社会インフラはもちろんのこと、情報処理装置を取り巻く環境のセンシング、フィンテック( 金融情報工学)、自動運転システム等あらゆる「システム」に必要不可欠な要素技術となっています。そのため、多種多様で膨大な情報を適切に取得、収集、保存し、そして、そのデータを適切に処理できる、情報に関わる総合力が求められています。IT を駆使し社会に貢献するシステムを構築するには、あらゆるアプリケーションに横たわる普遍的情報科学技術の習得が必要不可欠であり、また、習得した情報科学の知識を先端的な研究開発へ高度展開できることが重要になっています。さらに、先端情報を扱う専門家としての高い倫理観が求められます。千葉大学 大学院融合理工学府 情報科学コースでは、このような社会的な要請に対し、高度情報化社会を担う各種産業の創出や発展に寄与できる高度な専門性と倫理観を備えた人材を養成します。

コース長 大澤 範高(教授) n.osawa(at)faculty.chiba-u.jp
就職担当教員 北神 正人(准教授) kitakami(at)faculty.chiba-u.jp
難波 一輝(准教授) namba(at)faculty.chiba-u.jp

養成する人材像

 博士前期課程では、自然科学の基礎である数学から、現在の社会基盤である情報科学に至るまでの広範な数理情報分野に関して先端的で高度な知識と研究能力、問題解決力を持ち、高度情報化社会の基盤を支え各種産業の創出や発展にも寄与できるような、高度な専門性と倫理観を備えた人材を養成します。また、博士後期課程では、自然科学の基礎である数学分野と、数理科学や認知科学を基礎とした広範な情報科学分野における論理的思考力を培い、数学情報科学を創造的に活用する能力を持つ高度専門科学者としての責任を自覚し、多様な分野の人材と協調・協働できる先導的な研究能力・開発能力・国際性を兼ね備えた人材を養成します。

カリキュラム

 情報科学コースの前期課程では、「情報科学の基礎理論」、「コンピュータの基幹領域」、「コンピュータの応用領域」、「認知科学領域」の主要な各専門領域に関する高度な専門知識の修得と基礎力養成のため、データ構造学、応用離散数学、情報理論特論、符号理論特論、分散情報処理、ネットワークセキュリティ、音声情報処理、人工知能、言語情報学、形態知覚論などの科目が開講されています。これらの専門的基礎科目の理解の上に立ち、さらに各専門領域を深く学ぶことを目的として、その他の専門科目を履修すると共に、特別演習I、特別研究I を必修科目として履修します。 さらに後期課程においては、専門的な習熟度を高める目的で講義科目を選択すると共に、特別演習II、特別研究II を必修科目として履修します。また、教職の科目を履修することにより高等学校教諭専修( 情報) の教職免許を取ることができます。

カリキュラム

修了後の進路

日本電気( 株)、パナソニック( 株)、( 株) 日立製作所、富士通( 株)、東日本電信電話( 株)、KDDI( 株)、( 株)NTTドコモ、(株)エヌ・ティ・ティ・データ、NTTコムウェア(株)、ニフティ(株)、ヤフー(株)、オリンパス(株)、(株)ニコン、(株)リコー、カシオ計算機( 株)、セイコーエプソン( 株)、日本放送協会、本田技研工業( 株)、大日本印刷( 株)、凸版印刷( 株)、( 株) 三菱東京UFJ 銀行、三菱UFJ トラストシステム( 株)、( 株) 野村総合研究所、みずほ情報総研( 株)、沖電気工業( 株)、ローム( 株)、日本アイ・ビー・エム・サービス( 株)、農中情報システム( 株)、富士ソフト( 株)、三菱電機インフォメーションシステムズ( 株)、宮崎市役所 など