● ニュース

 

2003年
■ 12.9 12月9日(火)16:00からの「首都圏ネットワーク」にて,酒井先生が,ホログラフィー・アートの話題の関係で出演する予定です.なお今回の作品は共同研究推 進センター展示スペース(1階) 開館時間:月〜金 9:00〜15:30 に展示中です.理学部サイエンスプロムナードにおいても常設しております.(案内)
http://www.math.s.chiba-u.ac.jp/~nagisa/sprom.html

■ 10.17 9月22日から28日まで東京ビッグサイトで開催された国際印刷機材展IGAS2003に情報画像工学科のブースを設置し、研究紹介および学科紹介を行いました。参加 者は約12万人で、学科のブースは好評でした。また、特別セミナー「大学発ニューテ クノロジーの研究開発」では、北村教授(電子ペーパー)、小寺教授(知的画像処 理)、高原助教授(レーザーパターンニング)が講演を行いました。
■ 9.10 情報画像工学科の 伊藤 秀男 教授が,「フォールトトレラントシステム技術の発展への貢献 」により,電子情報通信学会のフェローの称号を授与されました.
■ 2003.8.02 2003年8月2日に開催した大学説明会の情報画像工学科の説明会に高校
生など271名参加しました.
■ 7. 平成15年度「21世紀COEプログラム」に自然科学研究科の「超高性能有機ソフトデバイスフロンティア」(研究拠点リーダー 上野信雄教授)が採択されました.本学科の北村孝司教授が有機ソフトデバイスフロンティアチームに参加されます.詳細
■ 7.24 1号棟5階の計算機室(501号室)は、夏季休業中も通常通り開放します.
■ 5.28 北村教授が千葉県の成田高等学校で出張講義を行ないました.
■ 5.22 計測情報工学教育研究分野 三宅洋一教授,津村徳道助教授の研究グループの 
視覚系のMTFの計測に関する研究が,2003年度日本写真学会論文賞を受賞いたしま
した.
■ 5.22 写真材料工学分野 大野隆司教授が平成15年度日本写真学会功績賞を
受賞されました.
■ 5.14 計測情報工学教育研究分野 三宅洋一教授が,アメリカ画像科学学会(IS&T)の
名誉会員に選ばれました.
http://www.imaging.org/membership/h_and_a/current.cfm
■ 5.14 像変換工学教育研究分野 小寺宏曄教授が,アメリカ画像科学学会(IS&T)の
Fellow に選ばれました.
http://www.imaging.org/membership/h_and_a/current.cfm
■ 4.30 計測情報工学教育研究分野 津村徳道助教授,三宅洋一教授の研究グループの 
肌色の解析と合成に関する研究が,コンピュータグラフィックス界最高峰の国際会議
 SIGGRAPH 2003 にて7月31日に論文発表することになりました.http://www.siggraph.org/s2003/conference/papers/papers13.html
■ 4.15 情報工学コースの”その他連絡”に”情報画像工学科計算機室(1号棟501)からの電子メール送受信について”を追加しました.
■ 2003.4.1 医学部,工学部,附属病院の教官が協力してフロンティアメディカル工学研究開 発センターが設置されました.本学科からも蜂屋教授,羽石助教授が専任で移籍し,さらに
多くの教官が併任として先端医工学の研究開発を行っています.(ホームページ
http://www.cfme.chiba-u.jp/ )