千葉大学工学部大学院融合理工学府数学情報科学専攻情報科学コース

新着情報

  • 2022/5/13 川本・計良研究室の修士1年生の住安宏介さんが情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会にて卒論セッション優秀賞を受賞しました。
    http://cvim.ipsj.or.jp/index.php?id=award_winner
  • 2022/3/16 関屋・グエン研究室修士2年の駒中綾乃さんが電気普及財団テレコムシステム技術学生賞を受賞しました。
    https://www.taf.or.jp/ 受賞者の声
  • 2022/2/26 川本・計良研究室の修士1年生の田中成樹さんが人工知能分野の最難関国際会議であるAAAIで発表しました。
    https://aaai-2022.virtualchair.net/poster_aaai12440
  • 2021/9/23 川本研究室博士前期課程2年生の岡本航昇さんがインテリジェント・システム・シンポジウムで発表した「耐故障ロボット制御のためのダイナミクスランダム化を用いたカリキュラム強化学習」が優秀論文賞を受賞しました。
  • 2021/9/10 石山智明准教授らの世界最大規模の"模擬宇宙"に関する研究成果がプレスリリースされました。
    https://www.chiba-u.ac.jp/others/topics/info/20210907Uchuu.html
  • 2021/5/21 今泉(貴)研究室博士前期課程2年生の津田英明さん,長谷川直哉さん,博士前期課程1年生の横山友紀さん,学部4年生のべシリアスレイオさんのチームが第16回情報危機管理コンテストにてインスピレーション賞を受賞しました。

情報科学コース

情報技術は,インターネット情報通信網,スマートグリッドなど,社会インフラはもちろんのこと,情報処理装置を取り巻く環境のセンシング,フィンテック(金融情報工学),自動運転システム等あらゆる「システム」に必要不可欠な要素技術となっています。そのため,多種多様で膨大な情報を適切に取得,収集,保存し,そして,そのデータを適切に処理できる,情報に関わる総合力が求められています。ITを駆使し社会に貢献するシステムを構築するには,あらゆるアプリケーションに横たわる普遍的情報科学技術の習得が必要不可欠であり,また,習得した情報かがくの知識を先端的な研究開発へ高度展開できることが重要になってきます。さらに,先端情報を扱う専門家としての高い倫理観が求められます。情報科学コースでは,このような社会的な要請に対し,高度情報化社会を担う各種産業の創出や発展に寄与できる高度な専門性と倫理観を備えた人材を養成します。

教育プログラムの特徴

情報科学コースは,「情報数理基礎」「計算機・コンピュータネットワーク」「アルゴリズム」「認知情報処理」を柱としています。そして,情報科学・認知科学の基礎理論,コンピュータの基幹教育・応用教育と主要な各専門領域に関する高度な専門知識を修得し,さらにそれらの専門知識を駆使して,先導的研究を遂行する能力を習得するための専門教育を行います。さらに,数学・情報数理学コースとの共通科目により,理学的発想の高い論理的思考力を習得することができ,数学・情報科学を高い倫理観のもとに活用する力を身につけることができます。博士後期課程では,人間情報科学分野の教員が教育・研究指導に加わり,「社会的認知過程論」などの科目群を通じて,認知科学・行動科学の教育を強化します。

博士前期課程のカリキュラムツリーはこちらをご確認ください。
博士後期課程のカリキュラムツリーはこちらをご確認ください。

修了後の進路

日本電気(株)、パナソニック(株)、(株) 日立製作所、富士通(株)、東日本電信電話(株)、KDDI(株)、(株)NTTドコモ、(株)エヌ・ティ・ティ・データ、NTTコムウェア(株)、ニフティ(株)、ヤフー(株)、オリンパス(株)、(株)ニコン、(株)リコー、カシオ計算機(株)、セイコーエプソン(株)、日本放送協会、本田技研工業(株)、大日本印刷(株)、凸版印刷(株)、(株) 三菱東京UFJ 銀行、三菱UFJ トラストシステム(株)、(株) 野村総合研究所、みずほ情報総研(株)、沖電気工業(株)、ローム(株)、日本アイ・ビー・エム・サービス(株)、農中情報システム(株)、富士ソフト(株)、三菱電機インフォメーションシステムズ(株)、宮崎市役所 など